ものを収納するスペース

>

適当に収納しないこと

どこに何を収納するか決める

1度ものの収納場所を決めたら、変えないでください。
ずっと同じ場所に収納し続けましょう。
また、どこに何をしまうかが重要です。
よく使うものと、使わないものを分けてください。
使わないものは、奥にしまっても大丈夫です。
よく使うものだけ、手前に出しておきましょう。
するとすぐに取り出せるので、無駄な時間を短縮できます。

頻繁に使うものが奥にあると、いちいち手前のものを出さなければいけないので面倒です。
自分は使わないものでも、他の家族は毎日使っているかもしれません。
収納する際は、他の家族の意見を聞きましょう。
みんなが使用しないものを、奥にしまってください。
勝手に決めると、他の人から苦情を言われるのでトラブルが起こります。

種類を分別しておこう

片づける際は、種類に気をつけてください。
ペンやハサミは、文房具という種類になります。
爪切りや絆創膏は、医療品です。
それぞれをまとめて収納していると、どこに何があるのかわからなく
なってしまいます。
普段から探しものをする回数が多い人は、収納の方法が間違っているのかもしれません。

きちんと種類ごとに分別して、わかりやすく整理してください。
あまりにものが多い場合は、減らすのも効果的です。
使い道がないものは、思い切って捨ててください。
最初はもったいないと思うかもしれませんが、捨てると今までなぜ捨てなかったのかと疑問に思うでしょう。
必要なものだけ残すと、収納スペースがスッキリします。
その状態を、ずっと維持しましょう。